日の丸経営塾とは何か?

「金さえ儲かりゃ良いんだ」という経営者を、私は、まったく好きになれません。

確かに、経営者の本分は、会社の利益を追求することです。
しかし、「合法だから勝ちは勝ち」という考え方は嫌いなのです。
「そんな勝ち方をして、恥ずかしいと思わんのか」と憤ることが多いからです。

その根底には、日本らしさ、粋(いき)、わび・さび、と言った価値観がよこたわっていて欲しいわけです。

日の丸経営塾は、こうした日本人に独特な価値観である「日本らしさ」というものを中心に据えて重視しつつ、

1.「社会的な成功」
  お金、名声、権力、感謝など、社会活動での成功
2.「個人的な豊かさ」
  趣味、家族、友達、プライベートの豊かさ
3.「身体的な健康」
  身体を壊しては元も子もありません。健康を大切にするのも社長の役目。
4.「精神的な健康」

  心が健やかでなければ、真のリーダーシップも身に着かないのではないか。

この4つを実践していくために、不定期ですが、勉強会やセミナーを開催しています。
※なお、日の丸経営塾の利益の一部は、社会貢献のために活用させて頂きます。
(農村歌舞伎の保存に寄付したり、大学生向けの無料セミナーに使ったりしてきています)
※事前にお断りしておきますが、「日の丸」と名前があるからと言って、右翼思想でも、宗教的な活動でもありません。

 


こんにちは。
日の丸経営塾を主催しています、株式会社マーケティング・トルネードの佐藤昌弘と申します。

 

日の丸経営塾とは、「日本らしさを大切に、これからの日の丸を背負う経営者になる」ための探求をする場でありたいという想いから名付けました。

・・・と、格好良いことばかり書いてますが、実際の現実はそんなきれいごとばかりではありません。

 

 私も経営者ですから言いにくいことなのですが、経営者なんてのは、品行方正、善事、美話ばかりじゃつとまらず、犯罪とはならずとも、報復や、 不徳、愚行、悪業もあります。
私は、それを容認もしませんし、開き直りもしないし、仕方がないとも言いません。
しかし、現実に、あるんです。それが現実です。
だからこそ経営者は、ひとりの人間に立ち返ったとき、悩みます。
「おれは、人の道に背くことを行なった・・・」と、そういう想いがもたげてきて、当然、「死んでも極楽へは行けねーなー」と思います。
それでも、破天荒で、非常識でも、誇りを持ち、気概があり、反骨精神をいだいて、ちょっぴり下品だって構いやしない。

日本人らしい生き方をし、「粋」な起業家として、「潔さ」を持った起業家として生きていこうじゃないか。私はそう言いたいのです。

私は、そういう経営者や、ビジネスマンと、一緒に学びたい。
それをするための場が、「日の丸経営塾」というわけです。

 

ここまでお読み頂いて、ちょっとでも共感いただけるならば、どうぞ、ご参加ください。
入塾手続きだとか、年会費だとかは、ありません。
不定期に開催される勉強会やセミナーに、そのままご参加いただくだけで、それで日の丸経営塾のメンバーです。
あとは時間をかけて、だんだんご縁をつむいでいきましょう。

 

不定期ですから、メールマガジンに登録しておいていただければ、次の開催日程が決まり次第、ご連絡します。

 

今日の出会いが、良いご縁となりますように。
お会いできるのを楽しみにしています。
よろしくお願い申し上げます。

 

日の丸経営塾 代表
株式会社マーケティング・トルネード 代表取締役
佐藤昌弘