持ち味

「持ち味」って大事なんです。

自分なりの特徴。
他人と比べて、ほんのわずかでも「違い」があれば、それは「持ち味」の種です。

例えば、「笑顔が良いね」と誰かに言われたことがあるとしましょうか。
その笑顔は、持ち味の「種」です。
まだ持ち味とは言えないかも知れない。

でも、種を育て、社会で通用するぐらいにまで育てたら、それは十分に「持ち味」として活用できます。

ここで「笑顔」という持ち味を育てるというのは、笑顔のトレーニングをする、笑顔について深めるという事です。

笑顔って何か?
笑顔は何に役立っているのか?
笑顔の心理メカニズムは?
いい笑顔を出すためには、どんな工夫が?
笑顔が最高と言われる表情の人の共通点は?
そうやって、笑顔についてトレーニングし、深めていく。

そうすると、「種」はどんどん育ち、「笑顔」は持ち味になって、ビジネスで活躍するのに役立ってくれます。